トントン拍子

太った猫(メインクーン11歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

【怖くないお雛様】マンションでも飾れるコンパクトなうさぎ雛を買いました!

 

f:id:tonton0601:20180203142001j:image

今年初節句を迎えるにあたってお雛様を購入しました!

どういうものがいいか悩みますよね。

そこで、我が家で購入したお雛様の紹介と、選んだポイントをご紹介します!

ポイント1 マンションでも飾れるミニサイズ

まず大事なのはサイズです。

マンションなので、段飾りを大々的に飾るなんてできません。部屋を潰して飾ったとしても今度はしまう場所に困ります。

そこで、幅50cm程度のちょこっと飾れるものを中心に探しました。

 

ポイント2 怖くない動物雛

日本人形はちょっと怖くて苦手なので、可愛らしい顔の動物雛に絞りました。

有名なテディーベアメーカーのものや、ディズニー、猫やうさぎなど様々なものが出ています。

悩んだ末にうさぎに絞りました!

 

 

ポイント3 アクリルケース付きのもの

我が家には猫がいるので、猫の毛の付着を防ぐ為、ケースが必須となります。

お雛様自体が小さいと誤飲も心配なので、ケース付きに絞りました。

ただの透明なケースも多いですが、雛自体が小さいとなんとなく簡素な印象になってしまうので、桜などの背景付き、木枠付きのものがベストでした。

 

ポイント4 名前札付きのもの

お雛様は1人ひとつ。娘専用のものなので、名前の木札が付けられるものを選びました。

 

買ったのはこちら!

じゃん。

f:id:tonton0601:20180203142001j:plain

 

 

10人揃のうさぎ雛、木枠付きアクリルケース入りのものです。

名前の木札は300円で付ける事ができました。

 

可愛らしい顔のちりめん雛です。

f:id:tonton0601:20180203144504j:image

三人官女、五人囃子までです。着物の柄も選んだポイントの一つです。

f:id:tonton0601:20180203144530j:image

ぼんぼりやお花のちょっとした小物もセットです。飾り方の説明書も入っていました。

f:id:tonton0601:20180203144613j:image

 

ケース幅は47.5cmなので、子供部屋のテレビ横に置くのにぴったりでした。

 

ケースなしのタイプや、木枠と背景がなしの無地アクリルのケースタイプもあります。

 

 

まとめ

まだまだ本人には理解できていませんが、大きくなった時に「お雛様かわいいね」と喜んでくれる日が待ち遠しいです。