トントン拍子

太った猫(メインクーン11歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

【子連れグアム】1歳の赤ちゃんとグアムでイルカウォッチングに参加してきました

 

f:id:tonton0601:20181202125445j:image

1歳3ヶ月の娘と初の海外旅行 グアムへ行ってきました。

赤ちゃんが一緒だとなかなかマリンアクティビティは難しいもの。でも何か参加できるアクティビティはないかな?と探して試しにイルカウォッチングに参加してみました。

小さい子供と一緒に参加してみて実際どうだったかなどレポートしたいと思います。

 

予約

今回はホテル、飛行機など全て個人手配で行ってきたので、アクティビティはベルトラでオプショナルツアーを申し込みました。

1歳児は無料なので、大人2名で14,692円でした。

 

 

内容

申し込んだのは、イルカウォッチングにフィッシュアイマリンパークという海中展望塔見学、ランチビュッフェ付きのプランです。

イルカウォッチングのみや、ランチなしのプランなど好きに組み合わせができます。

時間帯は、1便(8時発)、2便(9時発)、3便(10時発)と3つから選べました。うちは娘が早起きが苦手な為2便にしました。

 

当日の流れ

  • 9時 ホテルピックアップ(ニッコーに宿泊していたので、おそらく1番最初のお迎えです。宿泊しているホテルによってピックアップ時間が異なります)
  • 9時50分 フィッシュアイマリンパーク着(ガイドさん合流。説明開始。トイレ休憩後海中展望塔の駐車場に移動。真向かいです)
  • 10時 駐車場から歩いて海中展望塔へ移動
  • 10時30分 バスで乗船場へ出発
  • 10時45分 乗船場着 クルーザーに乗り込む
  • 11時45分 下船 バスでランチ会場へ出発
  • 12時 再びフィッシュアイマリンパーク着 ランチスタート
  • 13時10分 ホテルへ出発
  • 13時40分 ホテル着

こんな感じでした。

 

良かった点

❶時間が正確

分刻みのスケジュールでまあまあ人数がいるにも関わらず、かなり正確に進みます。

ホテル到着までぴったり時間通りだったので、とてもわかりやすく、流れもスムーズで良かったです。

 

❷イルカをたくさん見る事ができて感動

見れなかった場合は再挑戦券もしくはギフトプレゼントとの事でしたが、そんな心配をする必要がないくらいたくさんのイルカを見る事ができました。

f:id:tonton0601:20181202131122j:image

 

❸ビュッフェが意外とおいしい 

ランチはチャモロビュッフェで、グアム現地の料理を中心に、あとはカレーやフルーツ、パンケーキや素麺もありました。

会場は結構広いです。

f:id:tonton0601:20181202125952j:image

f:id:tonton0601:20181202130030j:image

1歳児にはフルーツ、パンケーキ、素麺はありがたいです。

メニューはこんな感じです。

f:id:tonton0601:20181202125328j:image

もちろんハイチェアもあります。

f:id:tonton0601:20181202131149j:image

 

❹海中展望塔に向かう道の景色がとても綺麗

歩いてほんの5分程なのですが、海の上を歩いているような気分になれて、とても楽しいです。

f:id:tonton0601:20181202125711j:image

 

❺記念写真を撮ってもらえる

船内にはカメラマンがいて、後で売る用の写真を撮りつつ、自分たちのカメラでもたくさん撮ってもらえます。

船内からデッキへの案内を1組ずつ行い、順番に写真を撮ってくれるのはいい計らいだと思いました。

f:id:tonton0601:20181202131358j:image

水しぶきが来るので、カメラはストラップ付きの防水バッグに入れて行った方が良いです。

 

❻船内にトイレがある

クルーザーは二階建てで、トイレがついているので安心です。

基本乗ってすぐデッキに出て、そのまま終始デッキで過ごす為、さほど船内で過ごす時間はありませんが、うちは暑さで娘が心配だった為途中で船内に引き上げました。

f:id:tonton0601:20181202133750j:image

 

微妙、厳しかった点

❶とにかく暑いのに帽子が被れない

まず海中展望塔への移動の時点でかなり暑いです。ツアーの持ち物に帽子とあるのですが、風が強くて正直被るタイミングがありません。

子供は抱っこ移動だったので、帽子を被せ常に抑えてました。

 

❷小さい子が参加するにはデッキへの通路が狭すぎる

 

船内からデッキへ1組ずつ移動するのですが、その通路がとにかく狭くて怖いです。

f:id:tonton0601:20181202132134j:image

わかりづらいですが、この船と手すりの隙間が通路です。うちは抱っこ紐でしたが、同じく1歳くらいの歩いている子は両親と手を繋ぎ一列になって慎重に進んでいました。

普通に1人で通るのも怖いです。

 

❸暑さと風が小さい子には厳しい

デッキは日差しがとても強く、風もかなり強い為帽子は被れません。風が強くて息苦しいのか、暑すぎるのかうちの娘は終始不機嫌でした。

f:id:tonton0601:20181202132459j:image

 

デッキで配られた冷たいジュースがとても美味しく感じました。

f:id:tonton0601:20181202132629j:image

 

大きい荷物はバスに置いていくように言われ、マザーズバッグを持って出なかった為、船内で子供用のお茶がなかったのは失敗でした。

まだジュースを飲まない小さい子を連れて参加の場合、大きいバッグを持って船の乗り降りは危ないので、貴重品バッグに子供用のお茶だけでも入れていく事をお勧めします。

 

まとめ

とても人気のアクティビティですが、結論として1歳3ヶ月の娘にはまだ早かったようです。

船上でのスタッフの人数も多く、みんなノリノリで楽しい雰囲気でしたが、人見知りの娘は気にかけてくれる人達の気遣いも虚しく、といった様子でした。

小さい子供を連れて参加を検討している方のご参考になればと思います。