読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トントン拍子

太った猫(メインクーン9歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

【猫の毛もしっかり取れる】ロボット掃除機ルンバとブラーバどっちか1台選ぶなら、ブラーバを推したい!

ネコ お買い物 お掃除

f:id:tonton0601:20160429125659j:image

1年前にルンバを購入し、最近ブラーバを追加購入しましたが、ブラーバが優秀すぎてルンバがあまり活躍できません。

 ルンバと比べた時の、ブラーバのオススメポイントをまとめてみます!

 

とにかく静か!

ブラーバ最大のオススメポイントは静音性です。ルンバはうるさいため、家にいない時間にタイマーで動かすことがほとんどです。
対するブラーバはテレビを見ている間に動かしても邪魔にならない静かさです。
ルンバを動かしている時は近づかないネコも至近距離でながめています。
 
f:id:tonton0601:20160429125720j:image
 

効率的な動き

とにかく動きに無駄がありません。その秘密がこのNorthStarキューブです。
 
f:id:tonton0601:20160429125730j:image
 
このキューブから照射した赤外線を天井に反射させてブラーバに送り、ブラーバ本体が部屋の中のどこにいるのかを特定します。
 
f:id:tonton0601:20160503165843j:image
 
これを利用することで障害物や壁がどこにあるのかを把握して正確に動いてくれます。
 
f:id:tonton0601:20160503165900j:image
 
隅々まで綺麗に拭き掃除をしてくれます。 
 
f:id:tonton0601:20160429125750j:image
 

市販のクイックルワイパーが付けられる

 
 
ブラーバには乾拭きモードと水拭きモードの2種類があり、それぞれ専用のクロスがあります。
水拭きモードの場合、水タンク付きのパッドを使うことで常に水を補充しながら動きます。同じ場所をゴシゴシと掃除してくれるので、私が掃除するよりも綺麗になります。
ただし、水拭きモードだと最大約20畳までしか掃除できません。
それに対して、乾拭きモードだと倍以上の56畳まで掃除できます。
 
オススメの使い方は、市販のクイックルワイパーをつけて乾拭きモードで動かす方法です。
驚くほどホコリや毛が取れます。
f:id:tonton0601:20160503170016j:image
 

小さいし、立てられる

 f:id:tonton0601:20160503142541j:image

ルンバと比べるとかなり小さめです。そして使っていない時には立てられます。

収納スペースを考えずに置けるのはありがたいです。

 

ルンバの利点

ルンバの方が優れている点ももちろんあります。

予約機能がある

ルンバは起動する時間を予約することができます。

ルンバは結構うるさいので予約機能はありがたいです。

我が家は仕事で家を空けている間に動くように設定しています。

 

自動で充電器まで戻ってくれる

部屋がすごく広いというわけではないのですが、勝手に充電器まで戻ってくれているとやっぱりありがたいです。

予約機能と合わせると、ゴミを捨てる以外は完全に自動化できます。

 

カーペットの掃除ができる

ブラーバは拭き掃除メインなのでカーペットでは役に立ちません。

その点ルンバは、掃除機だと吸いずらいカーペットに紛れた小さなゴミまで吸ってくれます。上位機種には「カーペットブースト」という機能があります。

その名の通り、カーペット上で吸引力を増す機能です。さらに、この機種は部屋のマッピング機能も付いています。欲しすぎますが、10万円以上します。

 

 

 

猫を飼っている人がルンバ起動時に注意すべき点

猫がトイレ以外の場所で粗相をしてしまい、猫のおしっこをルンバが吸ってしまったことがありました。

その時は、ルンバが動くたびに猫のおしっこ臭がひどかったです。

消臭スプレーを毎日ふりかけ続けて、2ヶ月くらいでようやく無臭状態になりました。

この事件以降、しばらくはルンバを自動で使うことができませんでした。

 

まとめ

フローリングメインの家ではブラーバ大活躍です。

ルンバの予約機能は確かに便利ですが、猫が何をやっているかわからない中で動かすのは怖いものがあります。

家に居る間に静かに掃除してくれるという点が、ブラーバ最大の魅力だと思います。

 

ちなみにルンバには380jと371jの2種類があります。

380jは急速充電器付きです(2時間でフル充電)。

 

371jは通常の充電器(4時間でフル充電)ですが、付属ぞうきん(ドライ・ウェット)が2枚ずつ付いています。

380jよりも少し安いです。

 

私は急速充電器なしの371jを使っていますが、実際は2時間程度で充電が終わりますし、充電器なしでも縦置きできるので便利です。 

私は楽天で5年間の延長保証付き、3万4千円くらいで購入しました。

 

結局は安い方を買えば良いのではと思います。

 

ちなみに我が家で使っているルンバはこちらです。

 

 

 

関連する記事