読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トントン拍子

太った猫(メインクーン9歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

【ウェディング節約術】結婚式のお花代を節約する3つのポイント

ウェディング

f:id:tonton0601:20160109145506j:plain

 

結婚式の請求で、見積もり金額から大きく上がる原因がドレスの衣装代と会場装花の2点です。花がない結婚式なんて見たことないですよね?

でも、お花代って本当に高いんです。

 

今回は装花代を節約する3つのポイントをまとめてみました。

まずは式に必要な基本装花をみていきましょう。

式に必要な基本の装花

挙式装花

  • 式場装花(祭壇・参列者席)
  • ブーケ・ブートニア
  • フラワーシャワー

会場装花

  • メインテーブル装花
  • ゲストテーブル装花
  • 司会者装花
  • マイク装花
  • 受付装花
  • ウェルカムボード装花
  • ウェディングケーキ装花
  • ケーキカットナイフ装花
  • メインキャンドル装花
  • キャンドルサービス点火棒装花
  • 乾杯グラス用フラワー
  • 贈答用花束

その他装花

  • エントランス装花
  • ウェイティングルーム装花
  • レストルーム装花
  • ブーケスタンド

基本装花だけでもこんなに多いんです。。。

そして初期の見積もりに入っているのは、式場装花、メイン、ゲストテーブル装花のみ、ということがほとんどです。

他のアイテムなら、持ち込みは有料でも可能な場合が多く、安くて良い外部業者から準備することができますが、会場装花の場合は残念ながら持ち込み不可の場合が多いいんです。

式場提携のお花屋さんが高くても事前に確認しておくことで、見積もりがあがるのを防ぐことができます。

お花代を節約する3つのポイント

1:見積もり時に追加の花がないか念入りに確認する

これが最も重要です!!

見積もりには会場装花 一式のような書き方をしている場合がありますが、一式の内容をきちんと確認しましょう。

祭壇や参列者席にはどこに花が置かれるのか、披露宴会場のメインテーブル、ゲストテーブルの装花など、実際の写真などを見てきちんと確認しておかないと、当たり前についていると思っていても、ついておらず別料金。見積もりが跳ね上がることがよくあります!

「これがお前らのやり方か!」

結婚式の見積もりでは本気でそう思う場面が多くあります。

 

2:演出をなしにする

たとえば、「キャンドルサービス」を無しにするだけ「メインキャンドル装花」、「キャンドルサービス点火棒装花」、そして「キャンドル本数分」を節約することができます!

自分がどんな演出をしたいかによって、ありとあらゆる節約ができます。必要な演出は何かよく考えてみましょう。

 

3:持ち込めるものは持ち込む

装花の中でも直接テーブルに触れない「ブーケ関係」は持ち込みができる場合もあります(ただし有料の場合あり)。「ブーケ・ブートニア」、「フラワーシャワー」、「贈答用花束」、これらを安くてよいお花やさんに注文することによって、かなり節約できます。

 

今回は3つのポイントを書きましたが、最も重要なのが「見積もりにどの花がどの程度入っているか確認する」ことです。式場を確定させるまでが最大の節約時期なので、見積もりをよく見て、必要なものがきちんと入っているか確認しましょう!

 

 

関連する記事