読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トントン拍子

太った猫(メインクーン9歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

ローマ テルミニ駅で道案内詐欺にあったので手口を公開するよ〜イタリア旅行記①

旅行・お出かけ

f:id:tonton0601:20150711232329j:image

イタリア旅行中にローマのテルミニ駅で道案内詐欺にあったので、手口を公開します。
 

 

テルミニ駅から徒歩5分ほどのホテルに宿泊していた私たちは、オプショナルツアーの集合場所「コロッセオ駅」を目指していました。
 
集合時間が朝8時半と早いこともあって、余裕をもってホテルを出たかったのですが、少し出遅れてしまい、やや焦っていました。
 

駅の切符売り場で

テルミニ駅に到着し、地下鉄・バス・トラム(路面電車)の24時間乗車券( 7ユーロ)を券売機で買おうとしたものの、操作方法で悩んでいた私たちに「ITALIA」と書かれたポロシャツを着た若い女性が声をかけてきました。
 

f:id:tonton0601:20150712112718j:plain

 
今考えると、声をかけてくる時点で怪しむべきでしたが、焦っていたこともあり、イタリアのポロシャツ=駅の職員という勝手な解釈をしてしまい、つい24時間乗車券が欲しい旨を伝えてしまいました。
 
すると、券売機ではなく売店で買うように勧められ、売店まで案内してくれました。
ネットで調べた時は券売機で買えると書いてあったので、ここで少しおかしいと思ったのですが、案内してもらえるならとさほど疑いもせず、ついていってしまいました。
 
売店の店員ともイタリア語でやり取りをしてくれたので、スムーズに乗車券を買うことができ、ここで放流されるとばかり思っていましたが、なんと地下鉄の乗り場まで案内してくれるようです。
 
イタリアにも親切な人がいるものだと思い、撮影した1枚がこちらです!
 
f:id:tonton0601:20150711232335j:image
 
おまわりさん、犯人(?)はこの人です。
 
テルミニ駅の地下鉄乗り場までは暗く、壁のいたるところに落書きされている道を通り抜けるので、案内してもらっている間は本当にありがたいと思うばかりでした。
 
チップくらいは渡しておこうと思い、地下鉄の乗り場に着いたタイミングで1ユーロを渡そうとすると、突然顔をしかめて首を振り、「5ユーロ!」と言いました。
 
この時になって初めてただの親切ではなかったことに気づきました。(遅すぎる)
 
え?と思いましたが、高いチップだと思い諦めて5ユーロを渡そうとすると、また顔をしかめ、「1人5ユーロ!」と言うのです。
さすがに高いなと思い、「高すぎる」と何度か交渉するも、「これが私の仕事だ!」の一点張り。
 
言い合っても平行線で、時間もなかったので仕方なく2人分の合計10ユーロを支払い、コロッセオ駅に向かいました。
詐欺というには大袈裟かもしれませんが、だいぶ後味悪かったです。
 
ローマはスリや置き引き以外にも詐欺の名所でもあります。
道案内詐欺の他にも、花や帽子をあげると言って手渡され、売りつけられたり、観光地で仮装した人と写真を撮ると高額請求されたりすることもあります。
 
ローマ旅行に行かれる方は話しかけてくる人は皆、泥棒か詐欺師と思い、警戒を怠らないようにお気をつけください。
スリもほんとに多いらしく、特に人の多い観光地では「バッグは前に」とガイドさんに何度も注意を促されました。
多くのスリは観光客と同じ服装で、観光地にまぎれているようです。
 
ローマ(特にテルミニ駅)の治安は悪いですが、ナポリはさらに怖いです。
ナポリ編は後ほど公開します。