読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トントン拍子

太った猫(メインクーン9歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

産休・育児休暇中の人に社会保険料免除制度あり!

お得技 保険・年金

f:id:tonton0601:20141101112817g:plain

産前産後休業期間、産後56日のうち、妊娠または出産を理由として仕事を休業した期間について、健康保険・厚生年金保険の保険料が免除されるようになりました!

また同様に、満3歳未満の子を養育するための育児休業期間についても免除され、これらの免除期間中は将来、被保険者の年金額を計算する際は保険料を納めた期間として扱われます。

↓ランキングに参加中!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 

また、育児休業が終わって、時短勤務などで給料が下がることも考えられます。その場合は、標準報酬月額の改定の特例を受けることができます。そうすれば、下がった給料に見合った保険料負担となります。なお、標準報酬月額が下がっても、保険料負担が減るだけで、将来の年金額が下がることはありません。

 

この免除制度は第1号被保険者の人にはなく、会社員や公務員の第2号被保険者にしかありません。そのため基本的に手続きは、会社の経理担当などが行いますが、出産後も働こうとしている女性なら押さえておきたい制度です!

免除制度によってどれくらいの節税になる?

給与18万円であれば...

産前・産後休業+育児休業中の社会保険料約317,000円が節税できる!

免除になる期間は?

産時休業

産前産後休暇開始日から、終了予定日の翌日の月の前月

育児休業

育児休業を開始した日の属する月から、終了する日の翌日が属する月の前月までの期間です。

例:育児休業期間が平成26年5月16日~平成27年3月19日の場合 免除期間は、平成26年5月分~平成27年2月分までとなります。

 

ちょっと裏技「ボーナス取得月に夫に育休を取得してもらう!」

子どもが1歳未満の人は、ボーナス支給月の月末に育児休業を取得すると、その月は保険料が免除されます。結果としてボーナスから引かれる保険料も免除になります!

社会保険料は「月末に在籍しているかどうか」で徴収するかどうかが決まるので、「月末の一番最後の日」に育休をとるのがポイント!ボーナスから引かれる社会保険料はかなり大きいので、法制度を上手に利用して節税しましょう!

まとめ

  • 保険料を後納しなくても「納めたもの」として加算される
  • 給与の額や配偶者の収入に関わらず、保険料全額が免除される
  • 保険料免除の手続きは会社が行う
最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本

最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本

 

 

関連する記事


【損しない老後に備える】年金の基礎知識 - トントン拍子


【ATM手数料無料】三井住友・みずほ・UFJ銀行でATM手数料を無料にする方法 - トントン拍子