読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トントン拍子

太った猫(メインクーン9歳)がお届けするお役立ち情報発信ブログ。中の人ふたりで書いてます。

【保険にチョイたし】補償を手厚くするミニ保険まとめ

お得技 保険・年金

f:id:tonton0601:20141016123003j:plain

ミニ保険とは『少額短期保険』といい、その名の通り少額の保険料で短期間のみ補償を得られる保険のことです。

2006年に改正された保険業法で新しく制度化された第3の保険会社、少額短期保険会社が取り扱います。
従来の保険会社にはなかったユニークな商品が多く、注目を集めています。

 

↓ランキングに参加中!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ミニ保険の最大のメリットは保険料が安く、解約もしやすいので、誰でも簡単に加入できる点です。
デメリットは各種保険料控除の対象にならない、生損保の契約者保護機構の対象となっていない(契約しているミニ会社が破綻しても契約者は保護されない)ことです。生命・損害保険とは仕組みが違う点を覚えておきましょう。
メインの保険で補いきれない部分は、格安でピンポイントで使えるミニ保険を利用して、上手に補いましょう。
 

オススメのミニ保険

地震保険の補助として利用するなら

地震補償保険『Resta』

保険金額 300万円〜900万円
保険料 月額1,210円〜
 
ローンの残債が多いならRestaでまかなうのがベスト!
地震保険や共済で地震に備える場合、その補償額は最大で火災保険の50%。それだけに、ローンの支払いが多く残っている際に地震の被害を受けると、生活再建は難しくなります。そのリスクを抑えるためにRestaがオススメ!併用して加入することで、不足する生活再建費を補うことができます。ただし、建物の一部損壊では対象外となることは覚えておきましょう。
 

高額になりがちなペットの医療費に備える

プリズムコール

f:id:tonton0601:20141016124022g:plain

保険料 月額2,720円(猫の場合)
保険金額 手術1回につき90,000円まで
保障内容 入院保険金、通院保険金、手術保険金、がん手術保険金、葬祭保険金など
 
犬や猫だけでなく、小動物鳥類爬虫類も加入できるペットのための保険。補償範囲内であれば、治療費の100%を保障。犬・猫の場合は、葬祭保険金や高度後遺症保険金が補償されていることも特徴です。
 

自転車通勤•通学中のあらゆる事故に対応

ちゃりぽ

f:id:tonton0601:20141016124202j:plain


自転車事故のための保険-あんしん損害障害保険『ちゃりぽ』

保険料 月額260円
保険金額 個人賠償責任保険 最高1,000万円、入院日額 6,000円、通院日額 10,000円
 
自転車に乗っているときに自分がケガをしてしまった場合はもちろん、相手にケガを負わせたり、物にぶつかって壊してしまった時の損害賠償などに備える保険です。
自転車でもスピードによっては大きな事故につながりかねないので、自転車で通勤•通学している人は加入しておきたいですね。
 

イベント好きで日本中を飛び回る人にうってつけの保険

チケットガード

f:id:tonton0601:20141016124233j:plain


チケットガード少額短期保険株式会社

保険料 560円(5,000円のチケットの場合)
保険金額 最大20万円
支払事由 病気やケガによる入院・通院。急な出張、交通機関の遅延、裁判員命令。
 
自分や同行者が急な病気や宿泊を伴う出張、交通機関の遅延などでイベントに参加できなくなった場合に補償してくれます。イベントが中止になった場合には、保険料の返還はありますがチケット代については補償されないので注意が必要です。
 
 

不妊治療中の『医療保険未加入』状態の不安を解消

子宝エール

f:id:tonton0601:20141016124303j:plain


【子宝エール】不妊治療中の女性向け│アイアル少額短期保険

保険料 月額1,850円(30歳女性)
保険金額 入院日額 5,000円、女性疾病入院保険金1万円、手術1回につき10万円
 
不妊治療を行っているがために、医療保険の加入を断られた人のための保険。加入する条件は過去1年以内に不妊治療を行っている女性で健康状態に問題のない人。ただし、この保険自体で不妊治療を補うものではないことに注意が必要です。
 

登山時の捜索•救助費用の補償を年5,000円から

レスキュー費用保険

f:id:tonton0601:20141016124341p:plain


山岳保険 登山保険 アウトドア保険 山の保険 ----- レスキュー費用保険(捜索・救助費用保険)

 
保険料 年額5,000円
保険金額 捜索・救出費用300万円まで
支払対象 対人費用、対物費用、ヘリコプター運搬にかかる一切の費用
 
登山中などにケガや病気により自力で下山できなくなった際に、救助・搬送にかかった費用を補償してくれます。
まずお世話になることがないレスキューですが、保険料も年間5,000円と安いので、アウトドア好きなら押さえておきましょう!
 

関連する記事


【損しない老後に備える】年金の基礎知識 - トントン拍子


【100円で引っ越し?!】引っ越しと同時にネット回線の工事をして時間とお金を節約する - トントン拍子


【ゆうパックのお得利用術】ゆうパックの割引サービスを組み合わせてお得に郵送 - トントン拍子